リフォームすべき目安の時期を知ろう!

リフォームってそもそも必要?何をいつ修繕すべきなのか調査!

築年数を基準に考える

リフォームとは、主に改修作業を意味する言葉で、長年住んで傷んできた箇所を綺麗にすることや、中古の物件を住める状態にまで修繕することをします。
一方で、リノベーションという単語もありますが、この2つの言葉は一般人には似たような単語として思われがちですが、きちんと区別されて使われています。
リフォームが家の部分部分の改修をすることに対して、リノベーションはもっと大規模な工事で、大幅な間取りの変更や家全体のイメージの変更をします。

中古物件を購入する場合、そのまま住めるようにリフォームやリノベーションをして販売している物件であれば問題ありませんが、そうでない物件もあります。
その場合、引っ越し後生活に支障がでるような不具合がある時、リフォームが必要となります。
雨漏りの修繕、キッチンや浴槽の取り換え、床総面積の増築などがリフォームとしてよく行われています。

長年住んでいる家の場合も雨漏りや浴槽の傷み、壁紙の劣化などが築年数に応じて目立つようになりやすいです。
その時の生活は我慢すれば差し支えないぐらいのものでも、それを放置すると建物の劣化を早めてしまうこともあります。
こういったことから、愛着のある家により長く住むためにも、修繕が小さいうちにリフォームして綺麗にしておくことが必要です。

リフォームの場合、工事期間は短くて済みますし、リフォームの場所によっては家に住みながらでも工事が可能です。
それでは具体的に、リフォームが必要となるタイミングや箇所について見てみましょう。