リフォームすべき目安の時期を知ろう!

リフォームってそもそも必要?何をいつ修繕すべきなのか調査!

>

リフォームって?必要なもの?

築年数ごと

新築~5年目はベランダの塗装、給排水管の点検、障子の切り替え、襖や畳の張替え、フローリングのワックスがけを状態を見て行います。
5~10年目になると、家の土台の点検、風呂のタイルの張替え、室内の壁紙の張替え、給湯器やガスコンロの取り換えなどを行います。

10~15年目では、屋根の劣化の確認、金属板屋根の張替え、水回りの修理や補修、外壁の塗り替えをします。
15~20年目では、木製の玄関ドアや雨樋の交換、システムバスやシステムキッチンの交換、トイレや洗面所の交換、室内ドアの交換を行います。
20~30年目では、瓦や化粧スレートの屋根の張替え、金属製の玄関ドアの交換、外壁の張替え、ブロック塀の補強、建物の基礎部分の補修を行います。

新築から5年目まででも点検や交換をすべきものがあるので、新しくてもマイホームの点検はきちんとしておきましょう。

室内の場合と外観の場合

先ほど紹介した、築年数ごとの点検や張替えなどは目安なので、その時期に全てを行う必要はありません。
今度は室内と外観とで分けてみてみましょう。

室内の場合、壁や天井のクロスは5~10年を目安に張替えましょう。
気づかないうちに汚れがたまりやすい所ですし、少し剥がれたり、浮いたりしている部分から傷みが広がることもあります。
キッチンなどの水回りはよく使用する場所でもあるので、10~15年での交換が目安で、毎年水漏れがないかの点検をしましょう。

外観では、外壁や屋根の塗装や交換のタイミングに注意しましょう。
質の良い材料のものならどちらも20年以上持ちますが、価格の安いものなら10年前後で塗装や交換が必要となります。


このTOPICSをシェアする